指輪で彼氏もちか判断する

指輪で彼氏もちか判断する


彼氏もちの意味の指輪(ペアリング等)を薬指以外ににはめることがあるのか?


それとも薬指以外ににはめる時は単なるアクセサリー?


彼氏もちの意味の指輪とアクセサリーの指輪の見分け方を教えます。


女性の中には、彼氏に買ってもらった指輪は右手の薬指する方も多いようです。


ただのアクセサリーか彼氏からのプレゼントかの区別はちょっと難しいですが、ラブリングなど、特定のブランドのカップル向けの物かどうかをみれば見分けはつけやすいでしょう。


あと、ナンパよけなどで薬指に指輪をしている女性も多いので、早とちりは禁物です。


左手の薬指に指輪を付けているからといって彼氏が絶対にいるとは限りません。


あと稀に小指にしてる人もいます。


左手の小指にリングすると幸せが逃げないっていうジンクスがあったりします。参考までに。




Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ
タグ:指輪の意味

指輪・指の意味

指輪をつける指ごとに意味があり、


それぞれの指に違う願いや希望が込められています。


右手か左手かでも指輪をつける意味が違います。


右手にはめる指輪の意味は、「現実の力」を、左手にはめる指輪の意味は、「想う力」を表しています。



親指は、指導者の指。権力・権威を象徴する指で、両手に共通して、信念を貫くという意味があります。


  右:困難を乗り越える。リーダーの風格を与えてくれる
  左:信念をもって前進できる。現実の難関を突破したいとき


精神的パワーを強める。



人差し指は、現実を導く指。サクセス、意志や開拓を意味します。


  右:集中力・行動力の向上。
  左:積極性を向上。

中指は、進む道を照らし先見の明を与えてくれる指。


  右:邪気から身を守る。仕事・トラブル回避。
  左:人間関係改善・協調性。



薬指は、願いを叶えてくれる指。また宝石の意味がストレートに出る指でもあります。


  右:精神の安定・感性を高める。
  左:愛・絆を深める。



小指は、チャンスに恵まれ願いを叶える指。お守り石をするのに良い指です。


  右:自己主張。自己アピール。
  左:変化とチャンス。



あなたの願い事に合わせて指輪をつける指を変えてみるのも、スピリチュアルなファッションとしてお洒落ですね。




Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ

指輪の意味まとめ

指輪の意味について簡単にまとめてみました。




■右手の指輪の意味


親指にはめる指輪の意味・・・困難をのりこえる


人差指にはめる指輪の意味・・・集中力・行動力


中指にはめる指輪の意味・・・イヤなことを避けられる


薬指にはめる指輪の意味・・・心の安定・落ち着き


小指にはめる指輪の意味・・・自己アピール





■左手の指輪の意味


親指にはめる指輪の意味・・・信念をもって前進できる


人差指にはめる指輪の意味・・・積極的になれる


中指にはめる指輪の意味・・・協調性


薬指にはめる指輪の意味・・・愛進展


小指にはめる指輪の意味・・・恋人・愛・出会い



物事がうまくいかない時、


ちょっと気分転換したい時、


自分を変えたい時・・・


上記の指輪の意味を参考にしながら、お気に入りのリングをいつもと違う指にはめてみましょう。


気分転換にもなりますし、ひょっとするといいことがおこるかもしれませんよぴかぴか(新しい)



Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ

指輪の指の意味2

指輪の指の意味(左手)



左手の指輪の意味は服従と信頼をあらわします。




■親指


信念をもって前進できる。
難関突破が必要な時につける指。
自分の意志を貫く強い力を持つ指
自分に自信を持ちたい時に。



■人差し指


精神的に高め、積極性を引き出す指
私を見つめて。
精神的に前向きでありたいと願うとき。
精神的に導き、能力をアップさせる指 。
人知れず心に誓う事がある時に着けると良い。



■中指


協調性。
好きです。
人間関係改善、コミュニケーションが円滑・スムーズに。
直感力の指。
良い事がひらめいたり、
インスピレーションが沸いたりする。



■薬指


愛の進展を深める指。
婚約しています。
愛の絆を深める。
愛の願いがあるなら、眠る時につけるだけでも。



■小指


恋人・愛・出会い。
片思いの人がいます。
願い事を成就させる指 
変化とチャンスの象徴。



指輪の意味の意味は付ける場所によって色々な意味を持ちます。


あなたも上記の指輪の意味を参考に付けてみてはいかがでしょうか。





Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ

指輪の指の意味

指輪指の意味(右手)



右手の指輪の意味は権力と権威の象徴です。





■親指の指輪の意味


リーダーの風格を与えてくれる。
指導者の指。
信念を貫く。
集団のトップとして働くために。



■人差し指の指輪の意味


集中力・行動力。
ハートに気付いて。
自分の意志を強固にしたいとき。
現実を導く指。
夢の実現へ、前向きに取り組みたい人向き。



■中指の指輪の意味


恋人募集中。
邪気から身を守る。
自分の意思のままに行動したい時や
パワーが欲しい時につける指。
現実的な力が身につく指。
直感、霊感を現す。



■薬指の指輪の意味


心の安定、落ちつき。
恋を叶えます。
創造性やインスピレーションを刺激する。
アーティストやクリエイティブな分野で活躍したい時に。



■小指の指輪の意味


自己アピール。
変わらぬ想い。
お守りとして。
好感度アップの指。



次回は左手の指輪の意味についてです。





Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ

指輪の意味

指輪の意味



指輪(ゆびわ)は、手の指にはめる輪状の装飾品。宝石を付したものもある。



稀に足の指にはめるものもある。



歌詞や題名などの固有名詞には「指環」と表記されることもある。



素材は主に金属で金、銀、プラチナなどの貴金属が多い。



木やアクリルのものもある。



有史以来存在し、はめる指により指輪に意味があるとされる。



左手の薬指につける指輪の意味は「結婚指輪」とされ「聖なる誓い」の意味が付される。



結婚指輪の意味については右手の薬指につける国や地域もある。


古代ローマにおいては指輪の意味は印鑑として用いられた。





Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。