指輪の意味

指輪の意味



指輪(ゆびわ)は、手の指にはめる輪状の装飾品。宝石を付したものもある。



稀に足の指にはめるものもある。



歌詞や題名などの固有名詞には「指環」と表記されることもある。



素材は主に金属で金、銀、プラチナなどの貴金属が多い。



木やアクリルのものもある。



有史以来存在し、はめる指により指輪に意味があるとされる。



左手の薬指につける指輪の意味は「結婚指輪」とされ「聖なる誓い」の意味が付される。



結婚指輪の意味については右手の薬指につける国や地域もある。


古代ローマにおいては指輪の意味は印鑑として用いられた。





Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33995347

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。