指輪の指の意味2

指輪の指の意味(左手)



左手の指輪の意味は服従と信頼をあらわします。




■親指


信念をもって前進できる。
難関突破が必要な時につける指。
自分の意志を貫く強い力を持つ指
自分に自信を持ちたい時に。



■人差し指


精神的に高め、積極性を引き出す指
私を見つめて。
精神的に前向きでありたいと願うとき。
精神的に導き、能力をアップさせる指 。
人知れず心に誓う事がある時に着けると良い。



■中指


協調性。
好きです。
人間関係改善、コミュニケーションが円滑・スムーズに。
直感力の指。
良い事がひらめいたり、
インスピレーションが沸いたりする。



■薬指


愛の進展を深める指。
婚約しています。
愛の絆を深める。
愛の願いがあるなら、眠る時につけるだけでも。



■小指


恋人・愛・出会い。
片思いの人がいます。
願い事を成就させる指 
変化とチャンスの象徴。



指輪の意味の意味は付ける場所によって色々な意味を持ちます。


あなたも上記の指輪の意味を参考に付けてみてはいかがでしょうか。





Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ
この記事へのコメント
ご紹介させていただきました
Posted by 無料 at 2008年01月24日 17:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。