指輪・指の意味カテゴリの記事一覧

指輪・指の意味

指輪をつける指ごとに意味があり、


それぞれの指に違う願いや希望が込められています。


右手か左手かでも指輪をつける意味が違います。


右手にはめる指輪の意味は、「現実の力」を、左手にはめる指輪の意味は、「想う力」を表しています。



親指は、指導者の指。権力・権威を象徴する指で、両手に共通して、信念を貫くという意味があります。


  右:困難を乗り越える。リーダーの風格を与えてくれる
  左:信念をもって前進できる。現実の難関を突破したいとき


精神的パワーを強める。



人差し指は、現実を導く指。サクセス、意志や開拓を意味します。


  右:集中力・行動力の向上。
  左:積極性を向上。

中指は、進む道を照らし先見の明を与えてくれる指。


  右:邪気から身を守る。仕事・トラブル回避。
  左:人間関係改善・協調性。



薬指は、願いを叶えてくれる指。また宝石の意味がストレートに出る指でもあります。


  右:精神の安定・感性を高める。
  左:愛・絆を深める。



小指は、チャンスに恵まれ願いを叶える指。お守り石をするのに良い指です。


  右:自己主張。自己アピール。
  左:変化とチャンス。



あなたの願い事に合わせて指輪をつける指を変えてみるのも、スピリチュアルなファッションとしてお洒落ですね。




Copyright (c) 指輪意味. All rights reserved.



指輪意味サイトTOPへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。